会社情報
Company
ご挨拶

「自然が酒蔵」の山紫水明な信州佐久の地に於いて創業以来品質一筋に日夜精魂を傾け技術の練磨と向上に励んで居ります。特に吟醸酒は長野県下で先駆けて発売し好評を得て居り長野県・関信局・全国の鑑評会で金賞を重ねております。 伝承の古式醸法と新醸造技術の調和からお客様に喜んで飲んで頂ける手造りの地酒の逸品を醸すことを目指して日々精進しております。
近年では、「地元の酒米を使った、地元発の酒を醸したい。」との思いから多数の友人、知人等の協力のもと、農薬を一切使用しない酒米を契約栽培し、仕込みに使用した特別純米「茜さす」に、今後の酒造りのひとつの形を見出すべく、チャレンジを続けております。 また酒蔵は、その長い歴史の中から地域文化と密接な関わりをもってまいりました。古くからでは佐久鉄道(現・JR小海線)誘致、当社近くの国重要文化財「旧中込学校」の復元など、地域貢献活動に積極的に参加してきました。今後もその姿勢を貫いていきたいと考えております。

株式会社土屋酒造店
代表取締役 土屋 聡
企業理念

人々の想いを
醸す蔵であること。
自然に寄り添うこと。
地酒の真理を追究すること。
持続可能な
地域の未来を担うこと。

沿革
  • 明治33年
    酒蔵を創業
    南佐久郡中込村の酒蔵「越後屋・石山酒造場」を譲り受け、小田切村より移転し土屋長平・熊治親子が酒蔵を創業する。
  • 大正初期
    速醸酛の導入に成功
    江田鎌次郎技師のもと、実用化間もない速醸酛の導入に成功する。熊治20歳。以降、生酛系の酒母を順次廃止する。
  • 大正11年
    貯蔵庫、壜詰場、主屋などを増築し、現在の建屋になる。
  • 昭和24年
    法人化。株式会社土屋酒造店を設立
  • 昭和40年
    長野県下先駆けて吟醸酒を市販化
  • 平成12年
    創業100周年 「佐久酒の会」発足、「茜さす純米酒」を商品化。
    「佐久酒の会」の会員とともに無農薬栽培の酒米を収穫し、「茜さす純米酒」を商品化。
  • 平成17年
    日本国際博覧会 愛知万博(テーマ:自然の叡智)に茜さすを出展
    長野県パビリオンにて、テーマに沿った茜さすの取り組みが評価されて信州を代表する地酒として選ばれる
  • 平成22年
    関東信越国税局 最優秀賞(首席)。
  • 平成23年
    インターナショナルワインチャレンジ(ロンドン)にて長野トロフィー受賞
  • 平成25年
    100年ぶりに、山廃造りを復活させる。
  • 平成29年
    生酛造りを復活させる。
  • 平成30年
    サケセレクション(ベルギー)プラチナ受賞 ANA国際線ファーストクラスに提供酒に選ばれる。
  • 令和2年
    「佐久酒の会・20周年」を機に「茜さす会」へ移行する。
会社概要
  • 企業名株式会社土屋酒造店
  • 代表銘柄亀の海 / 茜さす
  • 所在地385-0051 長野県佐久市中込1914番地2
  • TEL0267-62-0113
  • FAX0267-62-6413
  • E-mailinfo@kamenoumi.com
  • URLhttps://kamenoumi.com
  • 創業明治33年(1900年)
  • 資本金1,000万円
  • 代表取締役土屋 聡(六代目蔵元)
  • 事業内容清酒製造・販売 (清酒・本格焼酎・甘酒・小売・卸販売)
  • 従業員従業員 8名(内パート3名) 2020年7月現在